電気シェーバーの選び方
電気シェーバーの選び方

フィリップス電気シェーバーカミソリ電気シェーバー充電式自動洗浄電気シェーバー

カミソリとの比較
深剃り度:
まずはじめにカミソリと電気シェーバーを比較して、カミソリより深剃りできる電気シェーバはありません。
カミソリは、直接皮膚に刃を当てて髭をそりますが、電気シェーバーは皮膚との間に髭をとりこむ網があるため、網の分髭がのこります。

電気シェーバーの場合、深剃りの具合は各メーカーや製品により、カミソリに近い剃りごこちを実現しているものもあります、よく考慮して選択してください。
肌へのやさしさ:
カミソリは直接皮膚に刃をあてるため、カミソリ負けによって皮膚が傷つき赤く腫れがありますが、電気シェーバーは皮膚に刃が直接当たらない為、肌荒れの心配がありません。

カミソリで赤くはれ上がり、見た目の汚さを気にしているかたは電機シェーバーがお勧めでしょう。電気シェーバーとは違い、カミソリは肌を傷めます。
剃り時間:
  カミソリはほぼ一回で髭をそり落としますが、電気シェーバーは複数回往復させることがあるためカミソリよりは多少時間が掛かります。

最近では髭を一回(1ストローク)で剃り落とす構造の電気シェーバーも発売されています(ブラウン)。お勧め電気シェーバーは時間も短いことも重要です。

といっても、慣れれば5分位で、カミソリのシェービングフォームを塗る時間を考慮すればカミソリと電気シェーバーに時間の大差はないでしょう(髭の濃さによります)。
経済度:
 カミソリは刃の交換と、シェービングフォームを日々消耗します。その為、年間の費用に換算すると以外に掛かっていたりします。
カミソリでの剃れない刃の継続使用は、肌荒れの原因になりますが、電機シェーバーの場合は継続しようしても剃り具合が変わることはありません。

電気シェーバーは、刃の交換は約1年半に一度。自動洗浄の場合は約2月に一度約洗浄液が掛かります。
初期投資さえ行えば、電気シェーバーは総合的にも口コミ的にも経済的だと思えます。

 


 

シェーバーの種類
往復式 電気シェーバー往復式電気シェーバー 一般的なタイプです、刃が左右に往復で動作し髭を剃ります。

髭を捕らえる面積が大きく素早くカットでき、深剃り重視の方におすすめす。
ヘッドを振動させることにより、髭を取り込みやすくするものもあります。

一般的には、こちらがお勧め電気シェーバーと言えます。
ローターリー式ローターリー式電気シェーバー らせん状にならんだ刃が回転しながらカットします。

振動が少なく静か。

 




電気シェーバーの機能
自動洗浄システム自動洗浄システム電気シェーバー 洗浄装置に電気シェーバーをセットするだけで、洗浄液のアルコールがヘッドの部分を自動洗浄してくれます。ブラシでの清掃や水洗いがいらないため手間が掛からず非常に便利です。

実際に洗浄後刃の中を除いてみると綺麗に清掃されています。清潔好きの方は毎日でも宜しいでしょうが、それほど髭が濃くない方は3日に一度でも問題ないでしょう。

カートリッジは通信販売、通販でも取り寄せられます。
水洗い 水洗い電気シェーバー 刃を痛ませないためにも、シェーバー用洗剤が必要です、水洗いといっても水道代だけといったわけでなないのですね。そう考えると、自動洗浄システムとのメンテナンス料金も変わらないように思えます。安い電気シェーバーをお求めならこちらでしょう。
首振りヘッド電気シェーバー 手首を動かさずに、ヘッドが肌の角度に合わせてくれるので効果的にくせヒゲや長い毛をカットし、さらなる深剃りを実現してくれます。



 

 

 

日本の代表的なシェーバーメーカー

・ブラウンシェーバー

・フィリップスシェーバー

・パナソニックシェーバー

・サンヨーシェバー

・日立シェーバー

 

 

 

 

 

 

お勧め製品

ロレックスの悩み方 バボラ ピュアドライブ愛好家 バイクの選び方 楽しく乗ろう

テニスラケット試打・インプレ感想